• «
  • 2017'08:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラダを着た悪魔を鑑賞

logo.jpg




ようやく観てきました!
内容は、とっても面白かったです。
あと、劇中にでてくるファッションを見ているだけでも楽しい♪
「プラダを着た悪魔」だけど実際はあまりプラダは出てきていないらしいけどシャネルの来年のコレクション物が多いらしい。
凄くお洒落なお洋服がたくさん出てきて本当、楽しいくなりますよ!
sub1.jpg
メリル・ストリープが演じた鬼編集長は米国版VOGUEの編集長Anna Wintourがモデルになっているらしい。
Anna Wintourも色々な伝説があるらしい。


この鬼編集長のプロ意識の高さは大好きです。
男性からは、好かれるタイプではないかも知れないけど・・・
劇中にも描かれていましたがこれだけ仕事が出来る人って実際の心の中は孤独だったりするものなんですよね。。。
外見からは、誰もが憧れる仕事をしていて華やかに見えるけど華やかな裏側には色々なものを犠牲にしている。
仕事をとるか?プライベートを取るか?仕事を真剣に取り組んでいる人なら必ずそんな選択の壁に何度もぶち当たるでしょう。
この私でもありますからね~(笑)

主人公のアンハサウェイのポジションの仕事についてもうまく描かれていて仕事の楽しさが分ってくると同時に自分の仕事のポジションで仲間に嫌な思いをさせるような結果になってしまったりと2人それぞれの心境の描き方が面白いです。

ファッションについて劇中で足元はヒールが基本といっていますが、これ私も同じです(笑)
たまにラフな服装をしますが基本は9センチ以上のヒールです。
仕事でスーツの時は特にですね。
ヒールの靴のほうが緊張感をたもてるからいいです。

恋愛についてもうまく描かれています。

main.jpg
自分が仕事が充実しているときの波長を理解してくれる人ではないとなかなか付き合うのは難しいですよね。
仕事に時間を取られがちで恋人と会う時間が減る・・・
その時その時で理解してくれるような理解力のある恋人なら問題はないけど現実はそうは行かないことが多いですよ~(笑)
自分が忙しいときは相手に時間があったり自分が落ち着いているときは相手が忙しかったりとそんなもんです(笑)
劇中も恋人とのすれ違いが発生していて喧嘩をするシーンがあるけど妙に共感してしまった(笑)

私の場合、別れを選択してしまうタイプですね・・・
たぶん鬼編集長タイプの人間かも(笑)

全体的に面白いけど最後、何も言わず編集長の元を去ってしまうのはちょっと残念と思いました。
あれからもう少し頑張ったら完全に恋人を失う結末にはなっていると思いますが(笑)<
でも、あれだけ仕事が出来るようになったり仕事意味、プロ意識、楽しさを教えてくれたのはあの鬼編集長のお陰だと思うからもう少し頑張って欲しかったなぁと個人的意見。
まぁ、自分の考えを貫き通す姿勢は好きですけどね。


私もこんな鬼編集長のような理不尽と思わされるような上司を数名見てきました。
でも、ぜんぜん嫌いになっていません。
むしろ感謝しているくらいです。
今でも連絡を取っているし突然いなくなるような行動も取っていません(笑)
その上司の下にいたお陰で仕事に対する意識改革が出来たと思うし処理能力が早くなったと思います(笑)
だから、仕事に対する意識の低い人は嫌いだし話が合わない。
派遣であろうとアルバイトであろうと正社員でなくても「仕事」をするならプロ意識を持って仕事をする人がいい!
その上司のお陰でありがたいことに「仕事」に対してはとっても厳しい人間になってしまった。。。

img2006121718.jpg
アンハサウェイは昔から好きな女優さんでDVDも持っているくらいです。
考えてみると彼女は、変身モノの物語が多いですね。
ディズニーの『プリティ・プリンセス』の主人公として出ていますがあれも冴えない高校生からプリンセスへ変身するお話。
今回も最初はファッションセンス0の女性から魅力的な女性へと変身するので。
『プリティ・プリンセス』では第二のオードリーヘップバーンを探していたところ彼女が選ばれたらしい。
女優さんだけど内気な女の子で監督が話しているうちに聡明な女性だと分って起用したみたいです。
今回のプラダで最初に登場してきたとき「太った?」と感じたけどあれも役作りで太ったんですね。
それにしても急激なダイエットをしたんでしょうね。
サイズ6から4へ・・・凄いです!
プリティのころから比べると大人の女性の雰囲気になって益々魅力的な女優さんになっていてそんなアンを観れたのも良かった。















Comment





        
Top
Trackback
http://momococoro.blog27.fc2.com/tb.php/348-d62f6180
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。