• «
  • 2017'05:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落合監督もガンダム先生

日曜日のJスポで観たんだけど、落合監督がドラゴンズバージョンのカッチョイイ、ガンプラを貰ったんだって~。

-----下記サイト引用--------
知る人ぞ知る“ガンダムおたく”の落合博満監督(54)は、静岡市にあるガンダムの聖地バンダイホビーセンターを訪れ、プラモデルの生産工場見学に大はしゃぎだった。

“ガンプラ”が世に出た1980年からのキャリアを誇る筋金入りのガンダムおたくが、ついに念願を果たした。「バンダイホビーセンター」は、通常の見学は抽選制。30から100倍の倍率を誇るマニア垂ぜんの人気ツアーだ。そこに落合ファミリーはVIPとしてご招待。みっちり、こってり、時にうっとり…。1時間にわたって生産工場を見学し、ガンダムの魅力を熱く語った。

「魅力? 戦争しちゃいけないという題材だから。見ている子どもたちも最終的には『戦争っていけない』に行き着く。ガンダムを通じて人間関係をうまく伝えているんじゃないかな」

和歌山県太地町の落合記念館には、長男・福嗣さん作製のガンプラ専用の展示コーナーが設けられている。最新シリーズ「ガンダム00(ダブルオー)」も徹底チェック。昨年10月のクライマックスシリーズ第2ステージで、巨人を3タテした感動の夜は放映日(毎週土曜日)と重なっていた。東京都内の自宅に帰り、玄関を開けた落合監督の第一声が「録ったか?」だったという。「好きなのは?」の問いには「ウイングガンダム!」と即答。それほどまでのマニアぶりを伝え聞いたバンダイが「ぜひに」と招待した。

最新シリーズに登場する「ガンダムエクシア」を、ドラゴンズバージョンにした特製品をプレゼントされ「ちゃんと背番号も入ってるよ!」と大感激。「チームにエクシアはいるか?」の質問にはこう答えた。

「いないよ。(エクシアに)なれるのはオレしかいない。オレが現役に戻るしかない。いたら苦労しないよ」

最後まで笑顔でエクシア出現を待望していた。

-----------------------


カナリのガンダム先生だねw
img20080122.jpg

(画像サイト引用)
img20080122_1.jpg

落合監督に贈られたエクシアのガンプラは、高さ18.3メートル、重量57.2トンある本体の60分の1スケールで、高さは約30センチ。肩から腕にかけてドラゴンズブルーに塗られ、CDマークと落合監督の背番号66が描かれている特製品(画像、文章サイト引用)

↑これドラゴンズバージョンのガンプラ。
ちゃんとロゴも入っていてカッチョイイ(´ェ`*)ネー

落合監督もガンダム先生(ガンダムおた)だから相当はしゃいでいたらしいヨ(笑)
Comment





        
Top
Trackback
http://momococoro.blog27.fc2.com/tb.php/36-1224f37c
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。